◆M's◆
◆B's◆
◆G's◆
◆T's◆
◆D's◆
◆S's◆
◆H's◆

素体改造編 その2


   4)各部詳細 その3 (上腕部)

上腕部 上腕部改造中  上腕部の、幅つめです。
 ここも、可動の軸(手で持って回す)の部分になるので、薄鋸で切り取った後、中にプラ棒を仕込んで、ポリパテでまわりを補強しています。
 上腕だけを短縮したのは、顔に手を持っていったときに、前腕まで短縮してしまうと、届かなくなってしまう為です。
 肘の曲がりが、ちょっと甘いので、前腕接続部分との接合部を少し削りましたが、本当は、軸の方向を内側に角度を付けた方が良かったかもしれません。(前腕部はちょっと外側に曲がるので、ちょうどいいように思えます。)

 それとは関係ないのですが、使ってる離型材が悪くて、計2回、駆動部の肩の間接の根本がボロッっと崩れて(しかも、同じほう)、大変なことに(T_T;

   5)各部詳細 その4 (腹−腰間)

腹−腰間
ジョイント部  腹−腰間の、幅つめです。
 腹部へのジョイント部を短縮します。
 ここのジョイントは、股間の両足を支えるパーツと、繋がっているので、ちょっと一工夫。
 まず、ジョイント部を切り離し、余ってる部分を使って、逆さに固定。(空いている部分は、ポリパテで埋めます。)
 そして、ジョイント部の方は、1.5mmのしんちゅう線でヒンジを造ります。(良く分からないけど、もともと、裕度が有るので)
 もちろん、腹の下の部分と、腰の方の腹部の底になる部分は、共に少しずつ削って、曲げるときに干渉しないようにしておきます。

   6)各部詳細 その5 (フトモモ部)

フトモモ部 フトモモ部改造中  フトモモ部分の、幅つめです。
 ここも、可動の軸(手で持って回す)の部分にはなりますが、足の付け根は、ポールジョイントになっているので、あまり力は入りませんから、薄鋸で切断した後、ポリパテでまわりを補強しているだけで接着しています。
 ついでにねじ穴も埋めてしまいました。

 ちなみに、肌の塗装は、ホワイトサーフェーサーで仕上げた後、グンゼ産業の、Mr.COLORのキャラクターフレッシュの1と2を1:1で混合して、ブラシで吹きました。
 その後、全体に、Mr.SUPER CLEARのつや消しを吹いて仕上げています。

M's GARDEN M・blem's Home Page designed by Boo